Skip to content

プロ向けのタクティカル装備品のお店。本物志向の装備品やウエアを探している人は是非、一度ご来店下さい。


先日、Finetrackのドライレイヤーをブログでご紹介してから好評で品薄状態でご迷惑をおかけしております。
Finetrackの肌から汗を離すドライレイヤー、大量にかいた汗を処理するベースレイヤーと優れた機能がありますが、高機能ウエアも度重なる使用や誤ったお手入れ、汚れの付着、洗濯などによって、その機能は徐々に低下してしまいます。
長く愛用するためにもケアは大切です。
今回はFinetrackのケア用品をご紹介しましょう。



ALL WASH
Finetrack用洗濯洗剤です。市販の一般的な洗濯洗剤の中には「撥水」や「吸汗」を損なう成分、例えば、柔軟剤や漂白剤、抗菌、香りづけが含まれていることがあります。
このALL WASHは汚れだけを落とし、「撥水」「吸汗」機能に影響を与えないようになっています。
液性:弱アルカリ性
用途:綿・麻・合成繊維用
成分:界面活性剤(36% ポリオキシアルキレンアルキルエーテル、純石けん分)、水軟化剤、安定化剤、アルカリ剤、酵素
finetrackの全てのウエア(メリノスピン®、シルクスピン®、ラミースピン®含む)



透明の液体洗剤で、finetrackのドライレイヤーからアウターシェルまでのウエアに対応しています。GORE-TEXも洗えます。もちろん洗濯機(ドラム式含)で使用できます。



WATER REPEL
長期の使用でレインウェアの撥水性が衰えてきたということを感じたことがよくあると思います。
このウォーターリペルは自宅で、簡単に撥水性を回復できる加工剤です。
Finetrack他、他社のGORE-TEXにも使用可能です。
浸けおき専用
液性:弱酸性
用途:衣類の撥水加工
成分:非フッ素系撥水成分



使い方は非常に簡単です。
白い液体で粘性はあまりありません。これを洗面器やバケツにウォーターリペルを適量入れ、10倍の量の水で希釈します。
その中にウェアを1時間程度浸しておくだけです。
※洗浄成分は入っていないので、あらかじめ洗濯してから使用してください。



ウエアを加工液へ入れる際には、優しく押して加工液を全体に行き渡らせてください。
アウターシェルは加工液が染み込みにくくなっていますので、十分に行き渡るように時々かき混ぜてください。
あとは軽くしぼった後にしっかり乾燥させてください。



BASE RECOVER
使用に伴い低下してしまったfinetrackのベースレイヤーの吸汗性を簡単に復活させるベースリカバーです。
吸汗性の優れるベースレイヤーでも永遠ではありません。繰り返しの着用や洗濯で機能は低下していきますので、季節ごとにベースリカバーで吸水性を高めておきたい。
汗を吸わなくなると汗冷えの原因になります。冬山登山などでは絶対に避けたいことです。
1本=Tシャツ8枚分
浸けおき専用
液性:弱酸性
用途:合成繊維・天然繊維用
※撥水加工がされている繊維には使用しないでください。
成分:界面活性剤(非イオン)、シリコーン
finetrackの全てのL2ベースレイヤーとL3ミッドレイヤー(ポリゴン2UL、ドラウト®ポリゴン3を除く)に使用できます。



使用方法はウォーターリペルと同様、浸して使用します。こちらも汚れを落とす機能はないので、あらかじめ洗濯して乾かしたもので行ってください。
ベースリカバーを洗面器などに水で薄めた中にウェアを入れ、1時間浸けます。




ウェアを快適に着続けるためにも日頃のケアは大切です。
Finetrackとそのケア用品をエリートで好評発売中です。




エリートホームページ
エリートオンラインショップ
エリートツイッター

Scroll To Top